お気に入りリストに追加する

うずら車(キーホルダー)

[商品番号] 久峰食堂002 [販売価格] 432円(税込)/ Superほいっぽの店

[最終更新日] 2014/06/12

佐土原町伝統工芸品

九州地方だけに、うずら車のように「車」のついた木製民芸品があります。動的であるのは気候風土の影響と考えられています。これら九州地方の車玩具の発声についてはいろいろな説がありますが、久峰うずら車は、昔百済から来た百歳の僧が、長生きの記念として奉納したのが始まりと言われています。
1400年前、新羅国の高僧、日羅上人が開基したと伝えられ、佐土原町の久峰観音は、安産・無病・長寿の御利益があると、縁起物としてまた子供のお土産として、門前で売られていたものです。
この玩具は、前世紀始め頃には外国にも輸出され、玩具界の西の関取として注文に応じきれないほどの名声を博した記録もあります。
製作にはタラの木を用い手斧で削っただけで生地を生かし、絵柄も優しく女性的で、単純で素朴さがかえって親しみやすさを醸し出しています。
久峰うずら車は雌雄一対が特徴になっています。

【事業所名】久峰食堂

商品の詳細
販売価格

432円(税込)

在庫状況 在庫あり 【残りあと 50点】
支払い方法 代金引換
その他・備考
※送料は、お1つで全国一律450円です。
サイズ・個数等を選んでください。
○・・・在庫あり △・・・残りわずか ×・・・在庫なし

商品の詳細
うずら車(キーホルダー)
ページトップへ
Copyright ほいっぽモール All Rights Reserved.